リファラーをSEOに役立てるシステム

無料でSEOならSEO.CUG.NET


2009年04月09日

踊る大捜査線 弁護士 灰島秀樹 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 弁護士 灰島秀樹 無料ドラマ動画
弁護士 灰島秀樹(べんごし はいじまひでき)は、日本のテレビドラマ。1997年にフジテレビ系で放送されたドラマ『踊る大捜査線』のスピンオフ作品。「踊るレジェンドムービー」として2005年に公開された映画『容疑者 室井慎次』に於いて、室井慎次を追い詰める弁護士として登場した灰島秀樹(演・八嶋智人)を主人公とした、いわゆるスピンオフ映画からのさらなるスピンオフドラマである。
2006年10月28日に「踊るレジェンドスペシャルプロジェクト」の第4弾としてフジテレビ系『土曜プレミアム』枠(21:00 - 22:54(JST))で放送された。視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ)。
なお、本作品は八嶋智人にとって全国ネットにおけるドラマ初主演作となった。
次項有人気ブログランキングへ
次項有動画を見る
posted by にゃべお at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 逃亡者 木島丈一郎 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 逃亡者 木島丈一郎 無料ドラマ動画
『逃亡者 木島丈一郎』(とうぼうしゃ きじまじょういちろう)は、踊る大捜査線のスピンオフドラマ。
本作は、1997年にフジテレビ系で放送されたドラマ『踊る大捜査線』のスピンオフ企画「踊るレジェンドムービー」として2005年に公開された、映画『交渉人 真下正義』からのさらなるスピンオフドラマである。
『交渉人 真下正義』で、地上で容疑者を追う特殊犯捜査の現場指揮官として登場した、寺島進演じる警視庁刑事部捜査一課特殊犯捜査一係(SIT)係長の木島丈一郎警視が主人公の物語。
作中の時系列では、本作は『交渉人 真下正義』よりも以前の出来事。『逃亡者 木島丈一郎』のラストシーンがそのまま『交渉人 真下正義』の冒頭シーンへつながる。
2005年12月10日、フジテレビ系『プレミアムステージ』枠(21:00〜22:54)にて放送された。視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ)。また2006年10月20日には、フジテレビ系『金曜プレステージ』枠(21:00〜22:52)にて、「踊るレジェンドスペシャルプロジェクト」第2弾として再放送された。視聴率は本放送時と同じ15.6%(ビデオリサーチ調べ)だった。
次項有人気ブログランキングへ
次項有動画を見る
posted by にゃべお at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有動画を見る
posted by にゃべお at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

踊る大捜査線 初夏の交通安全スペシャル 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 初夏の交通安全スペシャル 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有動画を見る
posted by にゃべお at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有動画を見る
posted by にゃべお at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第11話 青島刑事よ永遠に 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第11話 青島刑事よ永遠に 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第10話 凶弾・雨に消えた刑事の涙 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第10話 凶弾・雨に消えた刑事の涙 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第9話 湾岸署大パニック 刑事青島危機一髪 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第9話 湾岸署大パニック 刑事青島危機一髪 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第8話 さらば愛しき刑事 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第8話 さらば愛しき刑事 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第7話 タイムリミットは48時間 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第7話 タイムリミットは48時間 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

踊る大捜査線 第6話 張り込み 彼女の愛と真実 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第6話 張り込み 彼女の愛と真実 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第5話 彼女の悲鳴が聞こえない 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第5話 彼女の悲鳴が聞こえない 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第4話 少女の涙と刑事のプライド 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第4話 少女の涙と刑事のプライド 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第3話 消された調書と彼女の事件 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第3話 消された調書と彼女の事件 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 12:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第2話 愛と復讐の宅配便 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第2話 愛と復讐の宅配便 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

踊る大捜査線 第1話 サラリーマン刑事と最初の難事件 無料ドラマ動画

踊る大捜査線 第1話 サラリーマン刑事と最初の難事件 無料ドラマ動画
踊る大捜査線(おどるだいそうさせん)は、1997年1月〜3月にフジテレビ系で放映されていた織田裕二主演の連続テレビドラマ。その後シリーズ化され、2003年までテレビドラマ・映画・舞台で展開された。さらにその後も「踊るレジェンド」としてテレビドラマや映画のスピンオフ作品が作られている。
本作は、制作当初のドラマとしての位置付けは「刑事ドラマ」であったが、従来の刑事ドラマの常識を覆したストーリー展開が話題を呼んだ作品であった。警視庁という「会社」の、湾岸警察署という「職場」で働く警察官という「地方公務員」で「サラリーマン」という人々の日常を描いた「業界ドラマ」の一種で、ドラマ的ジャンルとしてはいわゆる「職業もの」の部類に入る。
従来の刑事ドラマよりは現実の警察社会に忠実なドラマであり、警察の抱える様々な内部矛盾、特に警察組織の厳格なキャリア制度の問題も大きなテーマとなっている。また、警官のことを「刑事」または「デカ」ではなく「捜査員」と呼び、加害者のことを「犯人」または「ホシ」ではなく「被疑者」と呼ぶなどより現実に忠実な用語法や、「発砲許可」、「パトカー手続き」、「本庁接待」など、今までの刑事ドラマでは描かれてこなかった日常の側面の描写を重視している点が作品全体にリアリティーを与えている。
そして名台詞として『正しい事をしたければ、偉くなれ』、『事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ』等があげられる。
次項有人気ブログランキングへ
次項有続きを読む
posted by にゃべお at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 踊る大捜査線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。