リファラーをSEOに役立てるシステム

無料でSEOならSEO.CUG.NET


2007年09月20日

HERO(ヒーロー)とは?

HERO(ヒーロー)は、フジテレビ系列月9枠で、2001年1月8日〜3月19日に放送されたテレビドラマである。木村拓哉と松たか子の『ラブジェネレーション』以来の共演作でもある。放送時間は月曜日21:00〜21:54(JST)(第1話は21:00〜22:09、最終回は21:00〜22:19)。全11話。2006年7月3日には、終了後5年ぶりに特別編(単発ドラマ)が放送された。放送時間は21:00〜23:18。ハイビジョン制作。
2007年9月8日に続編を映画で公開予定。詳しくはHERO (映画 2007年)を参照。見た目は非常識だが正義感の強い検事(演:木村拓哉)と、見た目はまじめだがどこか非常識な検察事務官(演:松たか子)のコンビの捜査活動を、同僚検事たちの巻き起こすコメディを交えて描く。
主役の木村拓哉演じる型破りな検事が真実を追う姿は、多くの人々の共感を呼び、視聴率が全話30%超(関東地区)を記録した。これは当時の大ヒットドラマとされた。フジテレビ連続ドラマ平均視聴率第1位、最高視聴率第2位。民放ドラマ平均視聴率第2位の記録を有する(2006年5月現在)。(関西地区では30%に達しなかった) 木村拓哉の結婚後の初の連続ドラマだったが高視聴率を巻き起こした。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)より引用
映画 HERO(ヒーロー)
映画 HERO(ヒーロー)は、2007年9月8日に公開された木村拓哉主演の日本映画。
2001年に連続ドラマ、2006年に特別編が放送され、全話視聴率30%以上を記録したフジテレビ系ドラマ「HERO」の劇場版。月9ドラマのオリジナル作品が映画化されたのはこの作品が初である。木村は「武士の一分」以来の映画出演となる。2001年のレギュラー陣の11人に加え、特別編から中井貴一、綾瀬はるか、石橋蓮司が引き続き出演し、特別編でセリフのみに登場した代議士・花岡練三郎がこの映画で本格的に登場し、タモリが本名の森田一義名義で出演。
他にも松本幸四郎と松たか子の親子共演やイ・ビョンホンの友情出演などで話題を集める。キャッチコピーは「久利生公平、最大の危機。」
本作ではドラマで大きく取り上げることはなかった法廷劇が描かれている。裁判シーンが描かれるのはTVシリーズ第8話の「過去を知る女」以来となる。

ストーリー
6年ぶりに虹ヶ浦から東京地検・城西支部に異動となった検事・久利生公平はある時、目下離婚調停真っ最中の芝山に変わり、芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになる。早期に決着がつくと思われていたが、容疑者が一転無罪を主張するという事態に見舞われてしまう。その容疑者を刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士・蒲生一臣が弁護し、冷静な法廷戦術で久利生を追い詰めていく。そんな中、久利生は特捜部によりこの事件が久利生が山口県・虹ヶ浦支部赴任時に大きな因縁がある代議士・花岡練三郎の贈収賄事件の鍵を握っていることを知る。久利生と雨宮は捜査の過程の中で韓国・釜山へ向かいながらも奔走する。
やがて傷害致死事件の裁判は贈収賄疑惑の今後の展開を左右する裁判として全国民の注目を浴びるようになる。花岡の疑惑を何としても証明したい特捜部。互いを守るためにアリバイを工作する被疑者達。大きな事件を前に浮足立つ城西支部の面々。今までに無い危機を迎える久利生は、それぞれの思いが絡むこの裁判を前に検事生命を掛けた一世一代の大勝負に出ることに…。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)より引用
posted by にゃべお at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | HERO(ヒーロー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。